色々なガソリンスタンドを使う人には?

ガソリンカード特集

色々なガソリンスタンドを使う人にオススメのガソリンカードは?

ガソリンカードを作りたいのだけれど、出張や休みの日に旅行することが多くて、毎回同じ種類のガソリンスタンドで給油できない、という方はいませんか。

もしそうだとしても、ガソリンカードを作るのをあきらめてしまう必要はありません。

何故なら、全ガソリンスタンドを通じて同じ特典が受けられるガソリンカードがあるからです。

たとえば、「JCBドライバーズプラスカード」について見てみましょう。
言わずと知れた、クレジットカードJCBカードにガソリンカードの機能が付いたものです。

このカードの優れた点は、そのキャッシュバックの還元率の高さにあります。
どのくらい還元されるのかというと、なんと最大30%の還元率を誇っています。

ただし、このカードをガソリンスタンドでしか使わないと、その還元率は、自社製のガソリンカードに比べて、いまひとつなものとなってしまいます。

逆に、主にクレジットカードとして利用する場合は、高い還元率を十分に生かしきることが出来るでしょう。

また、このカードの種類として、ETCと一体型になったカードもあります。

こちらの場合でも、受けられる特典は同じなので、やはりガソリンとETCぐらいにしかカードの機能を使わない人よりも、クレジットカードとしての機能を主に使用する人に向いていると言えるでしょう。

JCBカードの系列以外にも、「ROUTE2000」のようなカードもあります。

ROUTE2000の大きな特徴として、ロードサービスが年中無休で受けられる点があります。

さらに、その後のアフターサービスも無料なので、どちらかというとロードサービスに特化したカードと言えるでしょう。

一方、ガソリン代キャッシュバックの方は、月最高3000円のキャッシュバックとなっていますが、年会費が2100円であることも考慮に入れると、あまりお得とは言えません。

特定のガソリンスタンドに拘らないガソリンカードもあり、お得でもありますが、純粋にガソリン代節約のためのガソリンカードとして優れ者だとは、必ずしもいえるわけではないようです。