マイカーを持たない人には?

ガソリンカード特集

マイカーを持たない人には?

日本を代表する石油メーカー「エネオス(ENEOSU)」。

やっぱりガソリンカードを作るのならエネオスがいいのではないかと思われる方も多い事でしょう。

まあそれは、比較的無難な考え方だろうとは思われます。

ただ、ENEOSUのガソリンカードと言ってもいろいろあって、現在主流となっているのは3種類。

それぞれにメリット&デメリットがありますから、どれでもいいという訳にはいかないのです。

例えば、最もオーソドックスな「ENEOSUカードS」の場合なら、常にガソリンと軽油が1リッター当たり2円の割引きになるのに加え、灯油も1円引きになります。

その上、年に一度でも利用すれば永年年会費無料ライフも送れますから、たまにしか車に乗らないという方でも、メリットだけを生かす事が出来ます。

特にレンタカーやカーシェアリングを利用したマイカーを持たないライフスタイルの方には最適と言えるでしょう。

しかも、有り難い事に、24時間体制で対応してくれるロードサービスも付帯していて、10キロまでのレッカー移動と、30分以内の応急処置は無料となっています。

そう、JAFの会員になっていなくても、いざという時にSOSを出せるのです。

これは益々たまにしか車に乗らない方には安心で有り難いガソリンカードと言えるでしょう。

実は多くの方が、ガソリンカードにはロードサービスが付帯しているものだと思っていらっしゃるのですが、残念ながら現実はそんなに甘くありません。

確かに、多くのガソリンカードがロードサービスプログラムを持って要るのは持って要るのですが、大抵は年会費がプラスされるとか、都度課金されるなどという有料条件が添えられているのです。

逆に、ガソリンカードとして発行されていないクレジットカードの方が、ドライブに適した一枚として、ロードサービスを無料で組み込んだカードをリリースしている事もあります。

これは、どこの金融会社とコラボするかによって大きく左右されて来るもので、ENEOSUの場合は、トヨタファイナンスとの提携によってガソリンカードを運営しています。

即ち、そのトヨタの技術があって初めて実現されるサービスとも言えるのです。

まあ出来る事ならメリットにならない方がいいメリットではありますが、ガソリンカードを比較検討する上では見逃せないポイントでしょうね。