ハイオクユーザーには?

ガソリンカード特集

ハイオクユーザーには?

高級車やスポーツタイプの一部のクルマにはハイオク仕様があります。

ハイオクガソリンの方がパワーが上がって、かつエンジンをキレイにするなどの作用があるので、クルマにとってもいいものといえます。

ですが、ハイオクはレギュラーより高いのが問題です。
その差は1Lあたり10円程度。
これはユーザーにおとっては痛い話です。

そんなハイオクがお得に買えるガソリンカードがあります。

このカードの場合、半年間のカード利用総額に応じてガソリンのキャッシュバック単価がきまってきます。

カードの利用総額なので、ガソリン代はもちろん、普段のショッピングや携帯電話の料金、公共料金の支払いなどすべてが含まれます。

ところでガソリンカードで公共料金の支払いもすると、流動型キャッシュバックの場合、かなりお得になるのをご存知ですか?

電気・電話などはガソリンカードでの支払いは可能です。
また、医療費もカード払い対応の病院も増えてきました。

国民健康保険・自動車税・固定資産税・水道・ガス料金などは地域によって可能かどうか異なるようです。

いずれにしても、1つのカードに支払いを集約することで色々なメリットが生まれそうですね。ぜひシミュレーションをしてみてくださいね。

さて、ハイオクのためのガソリンカードですが、カードの支払い総額に応じて4円から10円引きの価格で給油することができます。

ただ、ハイオクを1L10円引きで給油するためには半年間40万円以上のカード利用が条件になります。

けれども、もし利用額が10万円未満の場合でも4円引きにはなるので、これはお得といえますね。

給油量がひと月300Lまでという条件はつきますが、一般的なユーザーの場合、1カ月に300Lも給油しないので心配する必要はないでしょう。

もちろんこのカードで、レギュラーや軽油を給油しても割引価格になりますが、ハイオクのキャッシュバック単価ほどお得感はありません。

まさにハイオクユーザーのためのカードといえますね。