法人ガソリンカードの魅力

ガソリンカード特集

法人ガソリンカードの魅力

ガソリンカードは個人だけに対象を絞っているものではありません。
法人や個人事業主向けのガソリンカードも発行されています。

ただ、利用できるガソリンスタンドが限られているため、最も多く使うガソリンスタンドを特定してから契約する会社を選んだほうがいいでしょう。

契約する会社によっては、もちろんクレジットカード利用としてのポイントがたまります。

また、社員には子カードを持たせることで請求が一本化され、経費処理の効率化につながります。

たいていの場合、法人ガソリンカードにはETCカードの機能が付いています。

高速道路を利用することが多い運送会社や物流会社にとってこのカードは大変重要な役割を担っています。

以前では料金を従業員に仮払いをしてもらい、後で領収書やレシートで清算していた業務がガソリンカードに普及のおかげでなくなるからです。

また、誰がどこで幾ら使用したのかについて明細を確認することができるので、社員にコスト意識が浸透し、経費節減効果も期待できます。

なお、利用可能枠は、基本会員分と子会員分を合計した額になります。

従業員数が多い法人の場合、すぐに利用限度額に達してしまう可能性があるので、ゴールドカードを契約したほうがいい場合もあります。

年会費については初年度は無料のところが多いのですが、基本的に利用者ごとに発生するので注意が必要です。

気になる割引率ですが、流動型、つまり前月の利用額に応じて率が変わるのが特長です。
たとえばある法人ガソリンカードでは、前月の利用総額が70000円だった場合、翌月は最大1Lにつき10円も割り引かれるのです。

定額割引と比較すると大きな違いです。
年間の割引額となると大きなものになるでしょう。

今後の消費税アップや日本の経済状態を考えると、クレジットカードのポイント付与などをうまく利用してでコストを上手に抑えていくことが大変重要になってきます。

わずか数円の割引であっても賢く活用するのが、競争に生き残るための経営術といえるでしょう。